▼幼稚園紹介

附属幼稚園では、教育基本法及び学校教育法等で定められている幼稚園教育の目的と目標の基盤の上に立ち、地域の実態に即して「心身ともにたくましい子ども」を育成するために次のような目標を設定し、保育にあたっています。

学校評価書(下記のリンクをクリックすると見ることができます)

4月〜8月
教師と触れ合い、園生活に慣れていく時期
園生活の流れを知り、安心して生活する。
先生や友達と一緒に過ごすことを楽しむ。
園内の様々な環境に興味や関心をもつ。
9月〜12月
好きな遊びを見付け、取り組む時期
好きな遊びや好きな場所を見付け、園生活を楽しみにする。
先生や友達と一緒に遊ぶことを楽しむ。
園内の様々な環境に親しむ。
1月〜3月
友達と一緒に過こす楽しさを感じる時期
園生活の仕方が分かり、身の回りのことを自分でしようとする。
気の合う友達を見付け、言葉を交わしたり一緒に遊んだりする楽しさを味わう。
園生活でしてよいこととそうでないことが分かる。
遊びを楽しみながら、自分なりに気付いたり考えたりする。
経験したことや感じたことを様々な方法で表現することを楽しむ。
4月〜5月
新しい環境に慣れ、
安定して過ごすようになる時期
新しい環境に親しみをもち、自分から遊びに取り組む。
気の合う友達と安心して過ごしながら、新しい友達にも関心をもち自分なりに関わろう。とする。
園内の様々な環境に親しみ、興味や関心をもって関わろうとする。
6月〜8月
遊びや関わりを広げながら園生活を
楽しむ時期
様々な出来事を楽しんだり自分から関わったりして、いろいろな遊びに興味や関心を持つ。
気の合う友達と同じ遊びを進めていくことを楽しむ。
園内の身近な環境に関わり、自然の面白さに気付く。
9月〜12月
気の合う友達と好きな遊びを楽しむ時期
いろいろな遊びに卿味や関心をもって取り組む。
互いの考えを出し合いながら、友達と一緒に遊ぶ楽しさを味わう。
遊びや生活の決まりの大切さに気づく。
自分なりに考えたり試したり工夫したりしながら、遊びを進める。
経験したことや感じたことを自分なりの方法で表現することを楽しむ。
1月〜3月
気の合う友達と好きな遊びを楽しむ時期
生活習慣を身につけ、進んで取り組む。
生活に必要なことを友達と共に取り組もうとする。
友達と思いや考えを伝え合い、共通のイメージをもって遊びを進める楽しさを味わう。
きまりの大切さがわかり、共に生活する楽しさを感じる。
友達と共に試したり工夫したりしながら、遊びを進める。
自然などの身近な環境に興味や関心を持って、遊びや生活に取り入れようとする。
4月〜5月
5歳児として喜びをもちながら、
安定した生活を送る時期
5歳児になった喜びや期待感を持って遊びや生活に取り組む。
友達と関わりながら遊びを楽しみ、自分なりの力を発揮する。
生活の中で文字や数量などに親しみ、興味や関心を深める。
自然などの身近な環境に積極的に関わり、遊びや生活に取り入れる。
6月〜8月
5歳児としての自覚を持ち、
園生活を豊かに膨らませる時期
5歳児としての自覚を持って、見通しを持った生活をする。
友達と思いを伝え合い、協力し合ったり、共通の目的に向かって取り組んだりする。
遊びや生活に必要なきまりをつくろうとする。
園外の人や環境と関わり、社会とのつながりを感じる。
友達の様々な考え方夜間地方に気付いたり、受け入れたりする。
動植物に愛情を持って関わり、興味や関心を持ったり、命の大切さを感じたりする。
9月〜12月
自分らしさを発揮し、友達と共通の
目的に向かって活動する時期
いろいろな遊びに挑戦し、自分なりの力を発揮する。
互いに考えを出し合い認めながら、
共通の目的に向かって遊びを進める充実感を味わう。
社会生活とのつながりを意識し、必要な情報を取り入れようとする。
文字や数量などを遊びや生活に取り入れる。
自然などの身近な環境に積極的に働きかけ、驚いたことや発見したことを探求する。
様々な表現の方法に気付き、自分なりに表現したり、友達と共に工夫してつくり上げたりすることを楽しむ。
1月〜3月
周りの人々を受け入れながら、
共に生活をつくる時期
見適しをもって行動し、健康で安全な生活をつくり出す。
生活に必要なことを話し合い、あきらめずに最後までやり遂げる。
友達と協力ながら共に遊びや生活を進める。
気持ちを調整し折り合いを付けながら、必要なきまりをつくり守ろうとする。
周囲の人々に感謝の気持ちをもつ。
身近な事象に多様な関わをりしながら、 自分の考えをよりよいものにしよ うとする。
自然の不思義さに触れて遊び、感じたことや考えたことを自分なりに様々な方法で表現する。